天井クレーン・電動ホイストの修理・販売

東洋電動工事株式会社

●主要工事実績
 衛生センター・・・クレーン保守点検業務委託
 会館大ホール・・・屋外リフト保守点検業務委託
 浄化センター・・・クレーン点検業務委託
 環境技術センター・クレーン点検業務委託
 リサイクルプラザ・クレーン点検業務委託
    

ホイスト・クレーンパーツ紹介




売れ筋商品紹介


 弊社の売れ筋商品をご紹介します。

電装品メーカパーツ

新晃電機

エレカットOシリーズ

型式 RTS-3-SO

無線装置メーカパーツ

Asahi Onkyo

ハイパーケーブレス


ケーブルバランサ・ケーブルリール

遠藤工業

標準タイプEWS/EW/EWF

チェーンスリング

 

リフテック

ステンレス/特殊鋼

手動チェーンブロック

 

キトー

ハンディブロック


天井クレーンとは

天井クレーンは、建屋の両側の壁に沿って設けられたランウェイ(走行軌道)を走行するもので、天井近くで稼働するため天井クレーンと呼ばれています。
つり具にはフックを使用し、大型機の場合は主巻きの他に補巻きが装備されています。
一般に巻上げ、横行、走行の3動作が可能で、広範囲の作業領域を確保できるため、機械工場での重量物や部品の運搬等に使用されています。
なお、この形式のクレーンであれば屋外に設けられていても天井クレーンと呼ばれます。

>>>クレーン用語集

ホイスト式天井クレーンとは

ホイスト式天井クレーンは、トロリの代わりに電気ホイストを使用したもので、小型、小容量のものが多く、床上で操作する方式が一般的です。

>>>クレーン用語集

安全のすすめ

  • 移動式クレーンジブ分解時における狭圧災害

 原因

  1. ジブの分解作業を行う際に、ジブが落下する危険があるので、ジブ落下防止用のペンダントワイヤを取付けるように取扱説明書に明記されていたが、取付けずに作業を行っていたこと。

  2. ジブを他のクレーンでつりながら分解する、ジブを安全ブロックに載せて分解する落下の危険のあるジブの下部の位置をさけて、ピンの抜き取り作業を行う等の危険防止対策を講じていなかったこと。

  3. 当該クレーンは大型のものであって、その操作にはかなりの技量と経験を必要としたが、社長以外の作業者は分解作業に不慣れであり、作業指揮者である社長においても他の作業者に分解手順に従った適切な指揮を行わなかったこと。

 対策

  • 取扱説明書に記載された補助ジブ分解の方法をよく熟知し、クレーンジブ落下防止用のペンダントワイヤーを確実に取り付けてから、 ジブ分解作業を行うこと。

  • ペンダントワイヤーの取付けには補助ジブを約4m登る必要があり、高所作業になることから、墜落防止用の装置を備えて作業を行うこと。

  • ペンダントロープを使用しない場合には、補助ジブを安全ブロックに載せて分解する、あるいは補助ジブを他のクレーンでつりながら分解する等、 ジブの落下を防止するための措置を講じること。

  • 補助ジブの分解は、決められた作業手順に従い、作業指揮者の適切な指揮の下で行うこと。

  • ピンの抜き取り時は、補助ジブが落下する危険性があるジブの下部で作業を行わないこと。

  • 補助ジブの組立て・分解作業は、十分に安全教育を受け、かつクレーン作業に精通している作業者に行わせること。

過去のクレーン安全情報>>>

製品紹介

サイドリフター


ポーリフト


無線機


無線機

テストウエイト

検査用レンタル