天井クレーン・電動ホイストの修理・販売

東洋電動工事株式会社

●主要工事実績
 衛生センター・・・クレーン保守点検業務委託
 会館大ホール・・・屋外リフト保守点検業務委託
 浄化センター・・・クレーン点検業務委託
 環境技術センター・クレーン点検業務委託
 リサイクルプラザ・クレーン点検業務委託
    

ホイスト・クレーンパーツ紹介




売れ筋商品紹介


 弊社の売れ筋商品をご紹介します。

電装品メーカパーツ

新晃電機

エレカットOシリーズ

型式 RTS-3-SO

無線装置メーカパーツ

Asahi Onkyo

ハイパーケーブレス


ケーブルバランサ・ケーブルリール

遠藤工業

標準タイプEWS/EW/EWF

チェーンスリング

 

リフテック

ステンレス/特殊鋼

手動チェーンブロック

 

キトー

ハンディブロック


天井クレーンとは

天井クレーンは、建屋の両側の壁に沿って設けられたランウェイ(走行軌道)を走行するもので、天井近くで稼働するため天井クレーンと呼ばれています。
つり具にはフックを使用し、大型機の場合は主巻きの他に補巻きが装備されています。
一般に巻上げ、横行、走行の3動作が可能で、広範囲の作業領域を確保できるため、機械工場での重量物や部品の運搬等に使用されています。
なお、この形式のクレーンであれば屋外に設けられていても天井クレーンと呼ばれます。

>>>クレーン用語集

ホイスト式天井クレーンとは

ホイスト式天井クレーンは、トロリの代わりに電気ホイストを使用したもので、小型、小容量のものが多く、床上で操作する方式が一般的です。

>>>クレーン用語集

クレーン安全情報

  • 複数の単管パイプを玉掛けwr1本つりで、つり荷が落下

 原因

  1. 長尺物の単管パイプ15本を玉掛けwrの目通し1本つりでつったこと。 長尺物の単管パイプ15本の両端を荷締めベルトで束ねなかったこと。

  2. ラフター運転士はつり上げ時、地切りをしなかったこと。 荷をつっていた時玉掛け者がつり荷の真下近傍にいたこと。 玉掛け者は介添えロープを使用しなかったこと。

  3. 鉄骨部材の積込み作業は協力会社のみに安全管理・作業管理を行わせていたこと。 事業場に「天井Crの作業手順書」を作成していなかったこと。 天井Cr作業のリスクアセスメン卜は実施しなかったこと。 事業場・協力会社は天井Cr作業の安全教育は実施していなかったこと。 作業開始前にKY活動を実施しなかったこと。

 対策

  • 長尺物の単管パイプ15本は両端を荷締めベルトで束ね、玉掛けwrは目通し2本つりで行うこと。 または単管パイプ15本は多目的台車に乗せ、玉掛けwr2本の目通しつりで行うこと。

  • ラフター運転士はつり上げ時、必ず地切りを行うこと。 玉掛け者はつり荷の真下から離れた安全場所で待機すること。 玉掛け者は介添えロープを使用し、つり荷を誘導すること。

  • 鉄骨部材の積込み作業等は協力会社のみに安全管理・作業管理を行わせず、親会社等も作業開始前の打合せを行い記録に残すこと。 事業場は「天井Crの作業手順書」を作成すること。 天井Cr作業のRAは実施すること。 事業場・協力会社は関係労働者に天井Cr作業の安全教育を行うこと。 作業開始前にKY活動を実施する〔RAの残留リスクをフォロー〕こと。

過去のクレーン安全情報14>>>

過去のクレーン安全情報13>>>

過去のクレーン安全情報12>>>

過去のクレーン安全情報11>>>

過去のクレーン安全情報10>>>

過去のクレーン安全情報9>>>

過去のクレーン安全情報8>>>

過去のクレーン安全情報7>>>

過去のクレーン安全情報6>>>

過去のクレーン安全情報5>>>

過去のクレーン安全情報4>>>

過去のクレーン安全情報3>>>

過去のクレーン安全情報2>>>

過去のクレーン安全情報1>>>

製品紹介

サイドリフター


ポーリフト


無線機


無線機

テストウエイト

検査用レンタル