天井クレーン・電動ホイストの修理・販売

東洋電動工事株式会社

●主要工事実績
 衛生センター・・・クレーン保守点検業務委託
 会館大ホール・・・屋外リフト保守点検業務委託
 浄化センター・・・クレーン点検業務委託
 環境技術センター・クレーン点検業務委託
 リサイクルプラザ・クレーン点検業務委託
    

ホイスト・クレーンパーツ紹介




売れ筋商品紹介


 弊社の売れ筋商品をご紹介します。

電装品メーカパーツ

新晃電機

エレカットOシリーズ

型式 RTS-3-SO

無線装置メーカパーツ

Asahi Onkyo

ハイパーケーブレス


ケーブルバランサ・ケーブルリール

遠藤工業

標準タイプEWS/EW/EWF

チェーンスリング

 

リフテック

ステンレス/特殊鋼

手動チェーンブロック

 

キトー

ハンディブロック


天井クレーンとは

天井クレーンは、建屋の両側の壁に沿って設けられたランウェイ(走行軌道)を走行するもので、天井近くで稼働するため天井クレーンと呼ばれています。
つり具にはフックを使用し、大型機の場合は主巻きの他に補巻きが装備されています。
一般に巻上げ、横行、走行の3動作が可能で、広範囲の作業領域を確保できるため、機械工場での重量物や部品の運搬等に使用されています。
なお、この形式のクレーンであれば屋外に設けられていても天井クレーンと呼ばれます。

>>>クレーン用語集

ホイスト式天井クレーンとは

ホイスト式天井クレーンは、トロリの代わりに電気ホイストを使用したもので、小型、小容量のものが多く、床上で操作する方式が一般的です。

>>>クレーン用語集

安全のすすめ

  • 安全帯の点検

 ・点検の必要性

安全帯は、厚生労働省の「安全帯の規格」に適合したものでなければならない。
安全帯の主要な構成部品(ベルトやロープ)はナイロン等の合成繊維を使用して
いる。

ナイロン繊維は、高強度で伸度があり、安全帯の材料としては優れた機械的特性
を有している。
しかし、合成繊維のため使用しているうちに磨耗や紫外線の影響をうけ強度は低
下する。この経年使用による強度低下については、独立行政法人労働安全衛生総
合研究所著書の『NIIS-TR-No37安全帯使用指針』に“安全帯および安全帯関連器
具は消耗品であり、使用しているうちに磨耗等により性能が低下していくもので
ある。”と記載されている。
特にロープの磨耗や擦り切れについては取扱説明書の状態と照らし合わせて必要
な処置をする必要がある。

 これらのことから、安全帯の使用前には必ず使用者による“始業前点検”を行
うことが重要であり、更に、管理者が行う定期点検も不可欠である。

安全帯を正しく使用するため、また安全帯の交換時期の目安とするため下記の注
意事項について厳守することが重要である。

  1. 個人(ユーザー)による改造は行わないこと。

  2. 安全帯の構成部品(ベルト部やランチャード部)は同一メーカーのものを組み合わせること。

  3. 一度での大きな荷重(落下防止)が作用したものは使用しないこと。

  4. 点検などで異常が認められた場合には使用しないこと。

  5. “さつま編み込み”はメーカーに依頼すること。

  6. 安全帯の使用者名・使用開始年月は必ず記入すること。

過去のクレーン安全情報>>>

製品紹介

サイドリフター


ポーリフト


無線機


無線機

テストウエイト

検査用レンタル